miso_soup3 Blog

主に ASP.NET 関連について書いています。

デジゲー博2018で音ゲー「音符池」を展示してきました

デジゲー博 | 同人&インディーゲームオンリー展示・即売会2018/11/4(日) 11:00〜16:00 秋葉原UDXにて、音ゲー「音符池」を展示してきました。自分のブースでは、約40人に試遊していただきました。目の前でプレイしている様子を見られてフィードバックも貰え…

本の感想:アジャイルサムライ

アジャイルサムライ――達人開発者への道作者: JonathanRasmusson,西村直人,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2017/07/14メディア: Kindle版この商品を含むブログ (5件) を見る 2011年 出版 著者、監訳者、訳者 著者 Jonathan Ras…

〜日記〜 育児アプリの完成を諦めた話

育児アプリを Swift/iOS で個人で開発していましたが、未完のままお蔵入りすることにしました。リリースできなかった…無念。成仏させるためにその話を書きます。 作ったところまでのスクショ: 作ったところまでの動画: youtu.be ※アプリ内でこちらの画像を…

音ゲー「音符池」で休符の矛盾にどう向き合ったか

答え:楽譜の正しさではなく、音ゲーのゲーム性を優先しました。 背景 どんな矛盾だったか 正しく楽譜を表現するとどうなるか 休符を表示するルール 実はそんな書き方の楽譜が既にある 終わり 背景 音ゲー「音符池」をリリースしました 楽譜で音ゲー! 子ど…

ゲーム「楽譜で音ゲー」を Unity で作った話

ゲーム「楽譜で音ゲー」のプロトタイプを、Unity で作成しました。→ 追記:その後リリースしました 曲は、簡単な「かえるの歌」と、難しめな「戦闘曲35(魔王魂より)」の2曲です。UnityRoom にアップしたので実際にプレイできます。 「かえるの歌」 www.you…

Callable HTTPS Function(Cloud Function for Firebase)のデバッグとテスト

2018/4頃にCloud Functions for Firebase SDK v1.0 がリリースされました。追加された機能の1つに「Callable HTTPS Function」というものがあります。このFunctionのデバッグとテストの方法を記述します。 目次: まとめ Callable HTTPS Function とは Calla…

本の感想: よくわかるAuto Layout

関連リンク よくわかるAuto Layout | 川邉雄介, 所友太 | 工学 | Kindleストア | Amazon 目次:よくわかるAuto Layout/川邉雄介 - システム開発・設計:honto電子書籍ストア 「よくわかるAuto Layout」を執筆した話 - Jeffsuke is not a pen. 読んだきっかけ…

日記: Start Developing iOS Apps (Swift)

Start Developing iOS Apps (Swift): Jump Right In こちらのチュートリアルを行い、いくつかコードを足しました。 github.com 振動とか Peek&Pop を一度やってみたかったことをやりました。 コードだけの Custom Control が Storyboard 上でプレビュー表示…

Azure Functions で1ページを cshtml で出力したい

cshtml を1つだけホストしたいけど、そのために ASP.NET と PaaS は重いなと思い、Azure Functions でレンダリングするようにしました。 下記のような条件を満たす Azure Functions を作成します。 Azure Functions で、1ページだけ HTML を出力したい 1ペー…

C#(ASP.NET Core)で GraphQL API を提供する

By TECH PLAY女子部 Advent Calendar 2017 - Qiita リソースの提供者として GraphQL を使うとき、どうような雰囲気になるのか気になったので調べました。 GraphQL について調べ、GitHub が提供している GraphQL API を触り、C#(ASP.NET Core) で実際に実装し…

作業ログ: Upgrade Umbraco from 7.5.x to 7.7.x

Umbraco を 7.5.x から 7.7.x へ更新したので、作業ログを残しておきます。 v7.6 は 2017/5に、v7.7 は2017/9にリリースされました。Umbraco の更新では、次の2つのドキュメントを参照します。 Upgrades in general アップグレート全般で参照するドキュメン…

Gistan: Gist viewer for iOS をリリースしました

Gistan - Apple Store 機能 自分の Gist を見る ファイル.app で 自分の Gist を見る GitHub でフォローしている人の Gist を見る ユーザーを検索して、その人の Gist を見る 自分の Gist を一覧ですぐ見たかったのと、Twitter のように Gist を見たいと思っ…

Bitrise でシークレットな情報を .plist ファイルに書き込む

Bitrise & Xcode & GitHub で、シークレットな情報を管理する方法の1つとして。 iOS アプリにて、GitHub の OAuth 認証を実装するため、GitHub Client Id・GitHub Secrey Key をコードで参照しています。 この2つの値は、開発時・Bitrise でのビルドでは必要…

Visual Studio 2017 15.4 のアップデート後、Azure Storage Emulator が起動できないときのメモ

Visual Studio 2017 15.4 のアップデート後、次のようなエラーメッセージが表示され、Azure Storage Emulator のインストールに失敗しました。 このとき、「人気のソリューションを確認する」や「問題の表示」などから、詳細のログを確認できます。 一度、Az…

Azure Functions (C#) でのログ Tips メモ

Azure Functions (C#) でのログ Tips で、調べたことをメモしておく。 考慮漏れとして、ホスティングプランの違いにより、記載内容の挙動に違いがあるかもしれない。 概要: Azure Functions を監視する | Microsoft Docs デフォルトの挙動 デフォルトで用意…

Swift 実践入門 感想

Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB+DB PRESS plus)作者: 石川洋資,西山勇世出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2017/02/07メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る本のサポートページ|技術評論社 自…

Microsoft Bot Framework の支払い機能を試す

Microsoft Bot Framework の Payments 機能を試してみました。この機能は、Build 2017 で発表されたものです。概要と手順の補足を記載します。 ドキュメント Request payment - Bot Framework | Microsoft Docs Starting Guide。この情報を参考に本エントリ…

Roslyn Script によるコード生成「Scripty」を試用

C#

T4 以外でのコード生成を調べていた時に、「Scripty」という Roslyn で動くコード生成のライブラリがあったので、メモ。 基本的な使い方は、以下のドキュメントから分かります。 daveaglick/Scripty: Tools to let you use Roslyn-powered C# scripts for co…

Action types of Adaptive Cards (in Microsoft Bot Framework WebChat)

Microsoft Bot Framework の Adaptive Cards で行えるアクションの種類を調べました。 環境 Server side C#, Microsoft.Bot.Builder 3.8.4.0 Channel Bot Framework Channel Emulator 3.5.29 WebChat 0.11.0 他の Rich Card とアクションの種類が違う Bot Fr…

Synonyms in Azure Search - Japanese

Azure Search にシノニム機能が Public Preview として追加されたので、日本語で試しました。 ※追記:2018/7/3 Public Previewが外れGAしました。 Azure Search で synonyms が GA! https://t.co/04MESGlJhiAPI Versionが、2016-09-01-Preview から、2017-1…

JavaScript で TypeScript 型定義ファイルに基づくインテリセンス(Visual Studio 2017)

Visual Studio 2017 では、TypeScript を使用しなくても、JavaScript だけを書いていても、 自動で該当する TypeScript 型定義ファイルを取得し、TypeScript のようにインテリセンスを表示します。 参照:Visual Studio 2017 RC で JavaScript 開発がより生…

Web Extension Pack 2017 から Web Essentials 2017 へ

「Web Extension Pack」という名前は、再び「Web Essentials」という元からある名前・ブランディングに戻りました。 Visual Studio 2017 では「Web Essentials 2017」という拡張機能が用意されています。 Long live Web Essentials 1393 The End of Web Esse…

Sitecore - Could not find configuration node: contentSearch/indexConfigurations/indexUpdateStrategies/syncMaster

When I use "sitecore_web_index" for Sitecore.ContentSearch.ContentSearchManager.GetIndex, This happens on the content delivery server instance. Exception: System.InvalidOperationException Message: Could not find configuration node: content…

Azure Search Sample & Xamarin.Forms でアプリ作成

作ってみました。 構成は、Azure Search と Xamarin.Forms だけで他にサーバーは立てていません。 Azure Search が提供する HTTP API を通してデータをやり取りします。 また、Azure Search の方は、ボタン1つで立ち上げられるサンプルデータを利用していま…

IIS URL Rewrite の Outbound Rules で CSS の中身を書き換える

例えば、以下のように CSS の中にある URL を、IIS の URL Rewrite で書き換えたい場合の話です。例: body { padding-top: 50px; padding-bottom: 223px; background-image: url(/content/images/abc.png); background-image: url(/content/images/abc.png)…

メモ API Mock Server

単純なGETだけなら、DropboxとかにJSONファイルを配置して公開したり MockServer Proxy とか JSON Server APIモックを使って開発速度を上げよう - Qiita Swagger SwaggerでAPIを定義してインタラクティブAPIドキュメントを見る - Qiita paw(Macのみ) GUI で…

日記 3 BindingContext を子へ伝播したい

日記。Xamarin.Forms で、CustomRenderer として、このように SementedControl(親)と SegmentedControlOption(子)コントロールを作っていた。子のバインディング(SementedControl.Text)で失敗するケースがあって、 {Binding Hoge} だとバインディング…

日記 2

日記です。 「かずきのXamarin.Forms入門のKindle版だしました(Prismもあるよ) - かずきのBlog@hatena」 を進める p127くらい GitHub に作業コードをあげる ignore ファイルはここから:xamarin-forms-samples/.gitignore at master · conceptdev/xamarin-fo…

日記 Xamarin.Forms 触った

日記です。 環境: Windows & Visual Studio 2015 & Remote Connect 先の Mac 読んだ:今から始める Xamarin(2016年版) - Qiita ハンズオンやってみる:かずきのXamarin.Forms入門のKindle版だしました(Prismもあるよ) - かずきのBlog@hatena 「https://gi…

Custom Deployment for Azure Web Apps using CAKE

GitHub のソースから Azure WebApps にデプロイするときの Kudu カスタムデプロイ機能にて、 CAKE(C#) を使ったビルドを試してみました。 CAKE とは http://cakebuild.net/ C# のスクリプトでビルドのタスクを書くプロジェクトです。Roslyn と Mono で動くの…