読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miso_soup3 Blog

主に ASP.NET 関連について書いています。

LINQPad で OData のメタデータやデータを確認する

OData のメタデータやデータを確認するのにLINQPad が便利だったので方法を記載します。

C# の Linq を書ける他、該当する URL のクエリオプションも確認でき、Expand や ページネーションに対応しているので、ブラウザで XML や JSON 形式で見る方法と合わせて適材適所で使用しています。

ここでは例として OData 本家サイトでホストされているサンプルデータ(http://services.odata.org/OData/OData.svc/)のメタデータ、データを確認します。

※現在 LINQPad は OData Version 3.0 に対応しており、Version 4.0 には対応していません。

LINQPad について

LINQPad については 今日からはじめる LINQPad を参照しました。

OData への接続

OData のサイト http://www.odata.org/ で提供されている Version 3.0 のサンプル「http://services.odata.org/OData/OData.svc/」です。(ちなみに Version 4.0 は http://services.odata.org/v4/TripPinServiceRW/

LINQPad を起動し、「Add Connection」をクリック。

f:id:miso_soup3:20150703213550p:plain

「WCF Data Services 5.5 (OData 3)」を選択し「Next」。

f:id:miso_soup3:20150703213558p:plain

URL の欄に「http://services.odata.org/OData/OData.svc/」を入力し、OK。

f:id:miso_soup3:20150703213603p:plain

データの確認

接続すると、左側に Entity の MetaData を確認できます。リレーション先の Entity へはクリックひとつで遷移することができます。

f:id:miso_soup3:20150703213608p:plain

f:id:miso_soup3:20150703213613p:plain

Entity を右クリックからデータを表示できます。

f:id:miso_soup3:20150703213621p:plain

あるいは、Linq を書いて確認。

f:id:miso_soup3:20150703213626p:plain

注意したいのは、右上の「Connection」で URL が選択されているかです。

f:id:miso_soup3:20150703213631p:plain

実行が「Alt + X」と SQL Server Management Studio と一緒なのもうれしいところ。(元ネタがどこか不明だけど)

リレーションデータも一緒に確認したいときは、「Expand」で確認できます。

f:id:miso_soup3:20150703213637p:plain

「Request Log」で、実行される URL を確認できます。OData に慣れない最初は助かります。

f:id:miso_soup3:20150703213642p:plain

「Language」に「C# Statement」を選択すれば、文も記述できます。

f:id:miso_soup3:20150703213647p:plain