読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miso_soup3 Blog

主に ASP.NET 関連について書いています。

dotnetConf MVC 6 のセッション

RC ASP.NET vNext

このエントリは昨日 dotnetConf の動画を Channel 9 で見る の続きです。引き続き若干趣味寄りです。

dotnetConf のセッション動画が公開されています。その内の1つ、Daniel Roth 氏のセッション ASP.NET MVC 6 (now with integrated Web API!) について追ってみます。
Daniel Roth 氏のセッションはいつも早口でエキサイティングですよ!

ここではセッションの内容を追うと共に、”こんな感じのセッションがオンラインで発表されていて、Channel 9 で見れるよー”と紹介できればと思います。
※セッションの翻訳ではありません。私の解釈も+しています。また、間違っている可能性もあります。
※まだ CTP なので今後大いに変更される可能性があります。

テーマは ASP.NET vNext の MVC 6。全く新しい Web フレームワークです。

MVC 6 とは?

現在

MVC 6 に入る前に、現状の確認から。
今 ASP.NET には 3 つの Web フレームワークがあります。 Web サイト向けの Web Pages と MVC。Web サービス向けの Web API です。(WebForms もありますが、ここでは取り上げられていません。MVC の1つ前の姿という捉え方かな?と)

f:id:miso_soup3:20140703032110p:plain

3 つとも似たような働きをするが、実装は全くの別物。例えば、Controllers, Action といったコンセプトは MVC と Web API 双方で採用されているが、実装は別物。 Web API は新しい HTTP モデルで 1 から作り直したようなものです。 DI の仕組みも、それぞれのフレームワークが自身のものを保有している状態。ホスティングは、MVC は IIS Only だけど、Web API の方は self-host や Windows Service 等も可能です。

…等々と図に示されているように、Web フレームワークとして同じ働きを担う部分が、実は、それぞれ全く別の実装になっています。

統合へ

f:id:miso_soup3:20140703032618p:plain

MVC 6 は、それらのフレームワークを 1 つに統合した新しい Web フレームワークです。誤解しやすいのですが、Web API や Web Pages がオワコンになったわけではありません。”なんだ Web API は結局 MVC になるんじゃん”とかでもありません! MVC 6 は、Web API の次のバージョンでもあり、Web Pages の次のバージョンでもあります。

MVC 6 はどんな感じ?

f:id:miso_soup3:20140703033015p:plain

MVC 6 はどんな感じかを箇条書きで。

  • 今まで重複していた実装が統一されます。HTTP まわりや DI、ルーティング等々。
  • Web サイト構築はもちろん、Web API のように サービスも提供できます。コンテンツネゴシエーション、JSON、XML も OK。
  • Web Pages から MVC へ移行可能?(どうやるんでしょう?)小規模アプリから大規模アプリへの変化にも対応できます。
  • Dependency Injection ありき
  • System.Web からの脱却。IIS や self-host が可能。
  • MVC 6 は新しい ASP.NET vNext パイプライン上に構築されます。今までの MVC 5, Web API 2 から移行はできません。
    • ちなみに OWIN Middleware は搭載可能。(ただし Katana の時とは違うやり方です)
  • クラウド最適化モード

OWIN についての参考:ASP.NET vNext Moving Parts: OWIN

(個人的には、Web API の コンテンツネゴシエーションや MediaTypeFormatter に該当する部分がどんな実装になるか気になります。新しく Web フレームワークが作成されたことで Web API たるものはそこが重要になのかな?と…)

始め方

ASP.NET vNext は、Visual Studio "14" CTP で始めることができます。Visual Studio 2013 との併用はできないので注意。(Azure の仮想マシンではイメージが用意されている模様。http://blogs.msdn.com/b/bharry/archive/2014/06/05/visual-studio-14-ctp-available-as-an-azure-vm.aspx
ソースは Github にて公開。MVC 6 は "Mvc"リポジトリにあります。始める際は "Home"リポジトリのスターティングガイドが参考になります。

ASP.NET 公式サイトでもドキュメントが公開されています。http://www.asp.net/vnext

デモ

ここからは、Visual Studio "14" CTP を使った MVC 6 のデモ。ここでは、一部をピックアップして 単に操作を紹介します。

プロジェクトの作成

プロジェクトテンプレートには、”Console Application”が。

f:id:miso_soup3:20140703034721p:plain

"ASP.NET vNext Web Application"を選択した場合のソリューションエクスプローラー。

f:id:miso_soup3:20140703034916p:plain

project.json の dependencies

project.json の dependencies には プロジェクトの依存周りの設定を記述します。試しに、”Microsoft.AspNet.Diagnostics” を追加してみます。

f:id:miso_soup3:20140703035424p:plain

f:id:miso_soup3:20140703035533p:plain

”フォルダ―アイコン”になっているバージョンを選択し、project.json を保存します。すると、VS が自動的にリストアを行い、プロジェクト内のフォルダにパッケージが展開されます。

f:id:miso_soup3:20140703035644p:plain

ソリューションエクスプローラーの References のところも反映されました。

f:id:miso_soup3:20140703044242p:plain

別プロジェクト参照の場合は、↓のように新しいプロジェクト「MisoProject」を作成すると…

f:id:miso_soup3:20140703040100p:plain

インテリセンスに出てくるので、再度 project.json を保存します。

f:id:miso_soup3:20140703040130p:plain

これで OK みたいです。

f:id:miso_soup3:20140703040202p:plain

参考:ASP.NET 公式サイトに詳細があります。 Getting Started with ASP.NET vNext and Visual Studio "14" | The ASP.NET Site

Controller

Controller は、↓のようにベースクラスを継承しない方法も OK。(プロジェクトテンプレートのコードでは継承しています。)
DI で取得する IActionResultHelper を使って、return View(); や return Json() 等を行います。
ActionContext や ViewData などは Property Injection によりインスタンスを取得することが可能。

public class MyController
{
    public MyController(IActionResultHelper result)
    {
        _result = result;
    }

    private readonly IActionResultHelper _result;
    public ActionContext ActionContext { get;set; }
    public ViewDataDictionary ViewData { get; set; }

    // ~/my
    public IActionResult Get()
    {
        return _result.Json("friday");
    }

    // ~/my/top
    public IActionResult Top()
    {
        return _result.View("Top", ViewData);
    }
}

参考: POCO controllers in ASP.NET vNext

実行

そのまま VS から実行も可能ですが、コマンドラインから MVC 6 アプリを起動してみます。

まずは、project.json にコマンドの定義があるのを確認。URL が「http://localhost:5000」となっていることを確認します。

   "commands": {
        /* Change the port number when you are self hosting this application */
        "web": "Microsoft.AspNet.Hosting --server Microsoft.AspNet.Server.WebListener --server.urls http://localhost:5000"
    },

コマンドプロンプトを起動して、↓のように「k web」で起動します。

C:\Users\clala>kvm list

Active Version              Runtime Architecture Location
------ -------              ------- ------------ --------
  *    0.1-alpha-build-0446 svr50   x86          C:\Users\clala\.kre\packages
       0.1-alpha-build-0446 svrc50  x86          C:\Users\clala\.kre\packages
       1.0.0-alpha3-10071   svr50   x86          C:\Users\clala\.kre\packages



C:\Users\clala>cd "C:\Users\clala\Documents\visual studio 14\Projects\WebApplica
tion9\WebApplication9"

C:\Users\clala\Documents\Visual Studio 14\Projects\WebApplication9\WebApplicatio
n9>k web
Started

これで「http://localhost:5000」にアクセスできます。

f:id:miso_soup3:20140703040902p:plain

kvm のセットアップについては https://github.com/aspnet/Home/wiki/version-managerhttps://github.com/aspnet/Home/blob/master/README.md が参考になります。
(kvm update を実行すると 1.0.0-* のパッケージを取得できますが、これで実行すると何故かエラーにorz。alias で default を 0.1-* に設定すると無事起動できました。)

デプロイ

プロジェクトのプロパティから、cloud-optimized の「.NET Core Framework 4.5」にスイッチが可能。

f:id:miso_soup3:20140703041046p:plain

このモードでデプロイしてみます。プロジェクトと右クリックし、デプロイを選択。
「File System」でデプロイ先はローカルフォルダを選択します。

f:id:miso_soup3:20140703041337p:plain

展開されたフォルダは↓のように。

f:id:miso_soup3:20140703041512p:plain

「web.cmd」ファイルの中身は次のようになっています。

@"%~dp0packages\kre-svrc50-x86.0.1-alpha-build-0446\bin\klr.exe" --appbase "%~dp0wwwroot" Microsoft.Framework.ApplicationHost web %*

先ほどと同じように、project.json の web コマンドを呼び出す感じですかね…。
コマンドプロンプトから、「web」を叩くと「http://localhost:5000」にアクセスできます。

C:\Users\clala\Desktop\myapp-core>web
Started

f:id:miso_soup3:20140703041828p:plain

MVC 5.2, Web API 2.2

デモを終えた後は、MVC 5.2 と Web API 2.2 を紹介し、質問タイムでセッションは終了。

このエントリではセッションの一部の情報しか載せていません。
セッションの途中も、オーディエンスの質問に答えながら詳細を話してくれるので、気になる方は是非動画をご覧ください。

MVC 5.2 と Web API 2.2, Web Pages 3.2 はつい先日リリースされた模様。
ASP.NET MVC 5.2 / Web API 2.2 / Web Pages 3.2 がリリースされました - しばやん雑記
Announcing the Release of ASP.NET MVC 5.2, Web API 2.2 and Web Pages 3.2