読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miso_soup3 Blog

主に ASP.NET 関連について書いています。

Project Silk と Liike のビルドと実行

今週末開催される Hokuriku.NET vol.10 の井上章さんのセッションでは
2つのプロジェクトが登場します。
マイクロソフトのpatterns&practicesチームからリリースされている、SilkとLiikeです。

どちらもサンプルコードがあり、DLして実際にアプリを触ることができます!
そのDLからビルド、実行までを記載しておきたいと思います。

プロジェクトとソースのDLについて

井上さんのブログの記事より、プロジェクトサイトへのアクセス、ソースコードのDLを行うことができます。

ソリューションを開く

DLしたら、Visual Studioでソリューションを開きます。
SilkはMileageStatsフォルダ内、Liikeは直下にある、MileageStats.slnから開きます。

ビルド

ソリューションを開いた後、ビルドを行うとエラーがたくさんでます。
ので、nugetのリストア機能を利用して、不足しているパッケージを取得します。

nugetのリストア

ソリューションを右クリックし、「Nugetパッケージの復元の有効化」を選択します。

.nugetというソリューションフォルダが追加されます。
このように選択すると、今後ビルドを行ったときに、足りないものを自動的に取得してくれます。
取得するのに時間がかかる場合があるので、もしビルドに失敗したら、しばらく時間をおいてからビルドしてみます。

何度でもよみがえるさ

nugetで取得したアセンブリ等は、プロジェクトフォルダ内のpackagesフォルダ内に格納されています。
上記の操作でリストア機能を有効にすると、このpackagesフォルダを削除してしまっても、
またビルドすれば何度でも取得してくれます。

実行

ビルドに成功したら、F5で実行してみます。

”Sign in or Register”ボタンより、アプリを開始することができます!

ビルドできない場合

ビルドに失敗する場合は、以下の場合が考えられます。
簡単な対応を記載しておきます。

nugetが最新ではないため、リストア機能が使えない。
  • → ツール>拡張機能と更新>更新プログラムより、Nuget Package Managerを更新します。

VisualStudioの設定より、リストア機能が許されていない。
  • → ツール>オプション>パッケージマネージャより、「ビルド中の足りないパッケージを...することをNugetに許可」にチェックをいれます。

パッケージマネージャコンソールに何かでている
  • → 素直にボタンを押します。

おしまい

これでHokuriku.NETの準備はばっちりーに一歩近づいた−!